緊急告知!改正FIT法によるフェンス義務化が迫っています!

FIT認定が取り消しになる前に!

今すぐ資料請求!

このような対策が必要です!

  • 完全バックアップ フェンスの義務化 フェンスに求められる仕様は、素材の「金網等」というもの以外あまり具体的ではありません。3つのポイントに注意しましょう。外部から触れられないように、パネル等の発電設備と十分な距離をとること 容易に立ち入ることのできない高さの柵塀等を設置すること 金網等、第三者が容易に取り除くことができないものをつかうこと(ロープなどの簡易な物はダメ)フェンスの設置期限 期限:2018年3月31日まで(旧FIT法で稼働済みの設備の場合)期限:未着工の場合は着工時 今すぐ(2017年4月以降に着工する場合)2017年3月31日以前の旧FIT法で設備認定を取得していて、既に発電開始している案件については、改正FIT法の認定を取得したとみなされた日(4月1日)から「1年以内」に設置する必要があります。注意点として、2017年4月1日から「1年以内」ですので、2018年3月31日が期限となります。2017年4月以降に設置する方は、土地の開発・造成後(開発・造成を行わない場合は、太陽光発電設備の着工後)、速やかに設置します。旧FIT法で認定を受けたものであっても未着工であれば同様です。フェンスの費用の目安 素材や基礎の仕様、総延長によって異なります。あくまで目安としてお考えください。費用の目安:6,000~10,000円/m
  • 改正FIT法とは?再生可能エネルギー特別措置法(旧FIT法)の改正に伴って、2017年4月より新しい「固定価格買取制度」がスタートしました。新制度が始まることは知っているけれど、自分にどんな影響があるのかよくわからない…という方も多いのではないでしょうか。この「改正FIT法」と呼ばれる制度変更によって、太陽光発電を設置済みの人も、これから設置する予定の人も、新しく手続きや義務が発生します。絶対に気をつけたいのは、手続きや義務を怠った場合、認定が無効、売電できなくなる可能性があることです。売電単価が取り消しになったら、融資の返済や投資回収の計画がメチャクチャになってしまいますよね。当社では「改正FIT法」に関して疑問やお困りのことがある事業所様を完全バックアップ!必要な義務や手続き内容、業者様のご手配をサポートさせていただきますので、お困りの方はぜひ一度お問い合わせくださいませ。

    私たちがご相談に乗ります!資料請求はこちらから

  • 改正FIT法2017.4.1~ 標識の掲示義務(※屋根置き除く)設備かフェンス等の外側から見やすい場所に標識を掲示する 標識の掲示は、出力20kW以上で地面設置の発電設備に対して、原則として義務づけられます。標識の目的は、緊急時の連絡先や苦情の窓口ですので、屋根上の太陽光発電のように所有者が明確なものは対象外です。・旧認定で申請出力20kW以上の設備を運用している場合 2018年3月31日までに掲示する義務あり。・新認定制度で20kW以上の出力の設備を設置する場合 着工後、速やかに掲示する義務あり。
  • 改正FIT法2017.4.1~事業計画とは 送配電事業者との接続契約の締結が認定取得(売電単価確定)の条件に!「事業計画」とは、2017年4月1日から施行される改正FIT法(固定価格買取制度)で必要となる手続きの一つです。旧固定買取価格制度では、「設備認定」と「電力申請(接続契約+特定契約)」の2つの手続きが売電単価の決定に必要でした。新制度では、この「設備認定」から「事業計画認定」に変わります。「事業計画」の申請は、いつでもできますが「事業計画認定」を取得するには、「接続契約」の締結が必要となります。

FIT法の改正を知らなかった事業者の皆様

まずはお問い合わせください!